フリーワード

詳細条件

詳細条件を選ぶ

診療内容

サービス内容

歯医者 新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯ブラシを清潔に保管する秘訣おしえます!

2014年05月16日 12時15分
歯ブラシを清潔に保つ簡単なコツと保管方法をお教えします。アナタのお使いの歯ブラシは、実は細菌の巣になっている!?

こんにちは!どくらぼ編集部です! 突然ですが、「歯ブラシ」という単語を聞きどんなイメージが頭をよぎりましたか?? シンクの上のコップに置かれている状態? 無造作に散らばっている状態?

実は、この保管方法1つでアナタの口腔環境が大きく変化します。今日は、歯ブラシの正しい保管方法についてお教え致します!

歯ブラシの保管を誤ると、大量の細菌が繁殖する・・・

まずは、こちらの画像をご覧ください。この画像は一体何の画像でしょうか?

実はこれ、歯ブラシを顕微鏡で見た際にこびりついている細菌の画像なんです! もう恐ろしくて鳥肌が立ってしまいます・・・。

実はシンクに保管されている歯ブラシ1本あたりに1000万以上の細菌がいると言われています。その理由としては、

・シンクで手を洗う度に、水滴が知らず知らずの内に歯ブラシに付着し、菌が繁殖 ・ユニットバスの場合はトイレのフタを閉めずに水を流すとその水滴が飛び散り、歯 ブラシの表面に付着する

そんな、まさかと思うような内容ですが、実はこれはマンチェスター大学が公式に発表しているものでかなりの信憑性がある真実・・・。細菌って私達の思いもよらぬカタチで増えていくのです。

歯磨きの保管のコツはこれだ!

女性サイト「BIBA」によると、歯磨きの保管方法のコツは

・こまめに歯ブラシを取り替えること(1~3ヶ月が目安) ・床に歯ブラシが落ちた場合はよく洗い流すこと ・人と共有はしない ・歯磨き粉を個別にするのも理想的。歯磨き粉から新たな細菌が伝染ることも ・歯磨きが終わったら必ず良く洗うこと。洗口液にひたして洗うと効果的 ・歯ブラシはシンクの棚の中にいれておくのが理想 ・他の歯ブラシとブラシが触れ合わないように外側に向ける

歯ブラシの保管まとめ

こまめに歯ブラシを交換し、歯ブラシが常に清潔になるように洗うことを怠らずにしましょう。いくら気をつけても菌はついてしまうものですが、少しでも歯ブラシを清潔に保つように普段から気をつけましょう!

この記事を気に入ったらいいね!しよう

どくらぼの記事を毎日お届けします!

レポートのカテゴリ一覧

歯科専門ライターによる、歯に関する情報がいっぱい

最も見られているレポート

こんな歯茎の水ぶくれは危険!誰でもわかる歯茎の水ぶくれ・水疱・できもの診断

2015年04月27日

1位

こんな症状が出てる口の中のイボは危険!症状別、良性・悪性判断

2015年06月10日

2位

「舌が白い」は実は大病!?見逃してはいけない舌のSOSサイン

2014年02月25日

3位

舌の側面が痛い時は癌や大病のことも?見逃せない舌の緊急サイン

2014年05月08日

4位

歯科医直伝!親知らず抜歯後の食事で注意すべき6つのこと。

2015年06月04日

5位

歯医者の達人

歯医者さんが本当に薦めたい治療は、保険が効かない。

歯医者さんが本当に薦めたい
治療は、保険が効かない

日本人だけが知らない予防歯科の正しい考え方

日本人だけが知らない
予防歯科の正しい考え方

歯科技術の進化がとまらない

歯科技術の進化が
とまらない

悪い歯医者に騙されてはいけない

悪い歯医者に
騙されてはいけない

緊急QA

  • 噛むと痛い
  • 歯が浮く
  • 歯がしみる
  • 親知らずが痛い
  • 歯が欠けた
  • 歯が抜けた
  • 口内炎を治したい
  • すぐに口臭を抑えたい
  • 歯がグラグラする
  • 詰め物、差し歯がとれた
  • 歯並びを治したい
  • 歯茎から血が出る
  • 歯を綺麗にする
  • 舌が痛い
  • 顎が痛い
  • 唇の様子がおかしい