フリーワード

詳細条件

詳細条件を選ぶ

診療内容

サービス内容

歯医者 新着記事

歯茎から血が出るのは、実は大病!?本当は怖い歯茎からの出血

2015年01月20日 20時23分
歯茎から血が出る原因、病気の種類をご紹介。血が止まらない理由や対策、治療方法などを分かりやすく解説しています。放っておくとカラダにとって危険な病気もありますので、歯科医師がアナタにわかりやすくお伝えいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯茎から血が出るのは、実は大病!?本当は怖い歯茎からの出血

こんにちは!歯科情報サイト“どくらぼ”でございます! 
本日のテーマはこちら!

歯茎から血が出るのってなぜ!?

ある日、鏡を見ると歯茎から出血していた!なんていう経験をされたことはおありしょうか?虫歯になったこともないのに、なんで歯茎から血が出てくるの?と、少し怖い思いをされる方も少なくないようです。

そこで今回は歯茎から血が出る考えられる限りの理由と、その対処法をお教え致します。

歯茎から血が出る原因の90%は、あの病気

そもそも、歯茎から血が出るのは何が原因なのでしょうか?多くの方は、歯ブラシの毛先で歯茎が怪我をしているような状態じゃないか?と思い、柔らかい毛のブラシに変えられるようです。でも、それでは歯茎からの出血を止めることはできません。考えられる原因についてご説明していきます。

歯垢が原因の歯周病(血が出る原因のほとんどがこれ)

最近は、歯ブラシや歯磨き粉のコマーシャルでもよく聞きますが、歯茎から血が出る原因のほとんどが歯垢であるというのは本当なのでしょうか? 実はこれ、本当なのです。歯茎から血が出た人すべてを調べたわけではありませんが、実際のところほとんどの方が、奥に潜んでいる歯垢が原因で歯周病となり、血が出ています。

歯周病が歯の骨を溶かす

歯垢が歯と歯の間や歯茎の隙間にたまり続けるということで、歯周病の原因菌がどんどん増えていきます。

すると、菌が出す成分によって歯を支えている骨を溶かしてゆき、ますます歯ブラシの届かない菌がたまるスペースを作ってしまいます。
傷口に菌が入ると膿んだり腫れたりしますよね。それと同じように歯茎を腫らしぶよぶよにしてしまうのです。つまり出血してきた時は、歯周病じゃないか?と疑ってしっかり歯磨きをすることや、歯医者さんでお掃除と歯磨き指導を受けることが大切なんですね。

歯周病以外で、歯茎から血が出る原因

虫歯が進行すると歯茎から血が出る!?

虫歯が進行した時に歯茎から血が出てしまうという場合もありますが、歯周病と虫歯は仲が非常に良いので、虫歯が進行している時は歯周病が進行している可能性も高いです。ですので、どちらが直接的な原因かといわれたら歯周病の可能性が高いです。

虫歯が原因で、歯茎から血が出る状態はかなり危険な状態

虫歯が進行することで、歯茎から血が出るという場合には、かなり放置して、大きな穴があいているような状態になっています。歯の神経をだめにし、根っこの部分に菌のたまり場を作ります。それによって、骨を溶かし歯茎を腫れさせ血が出るほどになります。

虫歯がひどい場合は、歯周病も進行している可能性高い

ここまで虫歯が進行している方は、虫歯だけでなく日頃の歯磨きもさぼってしまうことが多いため、歯周病もかなり進行している場合がほとんどです。虫歯も放っておくと、このように歯茎にも影響を与えてしまうんですね。

歯と歯の間に何かが詰まっていて出血する?

これは、物理的ななにかが、詰まって歯茎を押したり傷つけたりすることで血が出てくる場合と、何かが長期間詰まる事で菌が集中的に発生して歯茎に炎症を起こす場合との二種類があります。

歯茎などに何かが挟まっていて取れない場合は、歯医者さんでとってもらうこともできる

何かが詰まっていて歯茎を傷つけている場合、できるだけ早く原因となっているものを取り除く必要があります。もし自分で取れないなら、早めに歯医者さんで取ってもらいましょう。歯医者さんには専用のピンセットなどがあるので、自分でするよりも、傷をつけたりする可能性が低いのでオススメです。

長時間詰まっている状態は危険

長期間何かが詰まり続けていると、そこから菌が増殖します。歯と歯の間というのはただでさえ菌がたまりやすく、歯ブラシも届きにくい場所なので、一気に歯茎に炎症を起こし、出血の原因となってしまいます。また、放っておくと口臭や歯茎が下がる原因にもなりますので、できるだけ早く除去して、炎症が起こっているなら歯医者さんでケアしてもらうようにしましょう。

歯ブラシがあっていないから、出血してしまう?

歯ブラシがあっていないことで、血が出てしまうということも時々あります。しかし、歯茎から血が出たからといって、歯ブラシが合っていないと決めつけて次々と歯ブラシを変えていくのはオススメできません。

歯ブラシのせいではなく、磨き方が悪い??

多くの場合、歯ブラシが合っていないのではなく、磨き方が間違っているのです。あまりにも固い歯ブラシで磨くのは歯も削れやすく歯茎にも優しくありませんが、一般的な歯ブラシの毛の固さであれば、磨き方で十分調整が利きます。特殊カットもされていないごく普通の歯ブラシで、手鏡で確認しながら歯磨きの練習をすると良いでしょう。また歯医者さんで歯磨きの仕方を教えてもらうのもオススメですね。

疲労・寝不足・ストレス・風邪で歯茎から血が出る?

疲れがたまると歯茎から血が出るというのは本当なのでしょうか?これは十分ありえることです。疲れやストレスがたまっているときなどは、免疫が下がりやすくなります。

免疫力が下がると菌に抵抗できなくなる。

免疫がさがると、普段抵抗できている菌にも十分に抵抗できません。口の中にはもともと多くの菌が存在し、その中には歯周病菌も存在します。歯周病菌に抵抗できなくなると、歯茎は炎症を起こしやすくなり、結果として血が出やすくなってしまうのです。また、体調が悪い時は徹底した歯磨きを怠りがちですよね。そういった普段よりも適当にすませてしまう歯磨きにも、歯の炎症を進めてしまう要因があるのです。疲れている時にこそ、優しく丁寧に歯磨きをするよう心がけましょう。

歯茎が炎症を起こしているから出血する?

これは、歯茎から血が出る根本的な原因ですね。これは歯茎から血が出る原因ですが、歯茎が炎症を起こす要因をなくすことが大切です。

歯周病菌が増殖し、歯茎を炎症させている

歯茎が炎症を起こすのは、先ほども説明した通り歯周病菌が歯茎の中で増殖しているからです。歯茎が炎症を起こす要因は、歯周病・歯肉炎・食べカスの詰まり・免疫の低下などがあげられます。口の中から菌を完全に除去するのは現実的に不可能ですが、できるだけ少なくして歯茎が炎症を起こさない量にとどめることはできます。そのためにも正しい歯磨きの習慣は大切ですね。

歯肉癌で出血している?

歯茎からの出血は歯肉癌を見分ける時に質問される一つの要素です。ただ、歯茎から出血したからと言って、必ずしも癌であるというわけではありません。

歯周病の可能性が高いが、気になる場合は早めの検査が大切

口の中は見えにくいのでなかなか癌を見分けるのは難しいですが、入れ歯をしている方なら、入れ歯が当たって歯茎が痛かったり、歯がグラグラでよく出血して、歯痛があるという要素が重なるなら歯肉癌の可能性もあります。ほとんどの場合は歯周病ですが、歯周病だろうとたかをくくるのも考えものです。口の癌は放っておくと手術後も何も食べられなかったり顔が変わってしまうという大変な思いをすることがあるからです。気になる時は早めに検査を受けておきましょう。

全身疾患が原因で歯茎から出血している??

糖尿病や様々な免疫が下がる疾患にかかっている場合、歯周病が出やすくなります。また歯茎の菌への抵抗が弱くなり、腫れたり炎症を起こしてしまいやすくなります。

歯磨きをしっかりしているのに出血が止まらない時は精密検査を受けたほうがいいかも。

きちんと歯磨きをして、歯と歯の間も磨いているのに、なぜ出血がとまらないんだろう?と疑問に思える時には、一度大きな病院で全身の検査を受けた方がいいかもしれません。また、ふだん通っている歯医者さんで口の状態を診てもらい、出血の原因について質問してみるのも良いかもしれませんね。

喫煙が原因で歯茎から出血する?

喫煙されている方、特にヘビースモーカーの方は、非常に歯周病にかかりやすくなります。

タバコは血流を悪くさせるので、出血は逆に少なくなる可能性も

歯茎から出血しやすいかというとそうでもありません。タバコを吸っていると、毛細血管の血流が悪くなってしまいます。ですから、かなり歯周病がすすんでいても、表面的な歯茎の腫れや出血はあまり見られません。逆にタバコをやめようとすると、血流が改善して歯周病の症状が出てしまい、歯茎から出血することが多いようです。表面的にはわからなくても、歯茎に悪いことには違いがないので、できるだけ早く禁煙するのは賢明かもしれません。

ホルモンバランスの変化が原因?(生理・更年期障害?)

ホルモンバランスが変化する時期として、生理・妊娠・更年期などがあげられます。これらはほとんどが女性に出るものですね。

カラダのバランスが崩れると歯茎に影響が出てくることも

ホルモンバランスが変化すると、菌に対する抵抗性が弱くなることがあります。また疲れやすくなったり、体のバランスが崩れること自体が歯茎を腫らしてしまうこともあるのです。ただ、ふだんからきちんとした歯磨きの習慣を心がけていれば、生理の一週間で歯茎から血が出るようになる事はめったにありません。また更年期の時期も、よっぽど歯磨きができないというのでなければ、普段通りのお口の状態で過ごせる方が多いようですね。ただ妊娠の時は妊娠性の歯周病という言葉があるくらいなので十分に気をつけて、妊娠前後には歯医者さんで指導を受けるようにしておきましょう。

歯ぎしりが原因?

歯ぎしりが原因で出血する場合、かなり強い歯ぎしりを長期間続けていることが考えられます。

出血する程の歯ぎしりはかなり危険な状態

出血するほどの歯ぎしりを続けていると、歯の表面が削れることによる知覚過敏や、将来的に歯を失ってしまうということも考えられます。歯ぎしりをしているかな?それが原因で血が出ているんじゃないかな?と不安に思った時には、必ず早めに歯医者さんで一度診てもらいましょう。歯医者さんでマウスピースを作って、毎日丁寧な歯磨きを続ければ歯茎からの出血は少なくなるでしょう。自分では気付きにくい癖だからこそ、わかった時にはすぐに歯医者さんで指導してもらうと良いですね。

口呼吸が歯茎を悪くしている?

口呼吸が癖になってしまう方のほとんどが、子どもの頃に癖づいてしまっているので、完全にその癖をなくすのは難しいようです。でも、口呼吸を続けていると、歯茎の炎症、歯周病、虫歯になりやすくなってしまいます。

口呼吸は唾液の分泌を妨げる

口の中では常に唾液が出ています。唾液には自浄作用という洗い流す作用や抗菌作用という殺菌効果のようなものがあり、口の中の汚れや菌を流してくれるのです。しかし、口呼吸をしている時は、口の中が渇きやすくなります。それでも適度な湿度は口の中にあるので、菌が常に増えやすいような環境になります。菌が増えることで、歯茎は炎症を起こしやすくなりますし、炎症による出血も起きやすくなります。寝ている間に口呼吸をしてしまっている方は起きた時に口がカラカラでベタベタすることがあります。口呼吸をしてると気付いた時にはすぐに口を閉じるよう意識してみるのは良い対処法ですね。

ドライマウスが口の中の細菌を増やす原因??

ドライマウスは一つの疾患ですが、口呼吸を続ける方と似たような状態、またはもっと菌が増えやすい状態になっています。

唾液が少なくなることで色々な弊害が出てくる

ドライマウスということは唾液が出にくいということですが、唾液には様々な作用があります。唾液があることで、柔らかい歯茎や頬、舌は刺激から守られます。また口の中に存在する様々な菌に対抗する抗菌作用も持っています。そして、口の中の汚れや菌を洗い流す作用も持っているのです。そんな唾液が出にくい、またはまったく出ない場合は、口の中で菌が増えやすく対抗する力もないため歯茎でも菌が増えやすく、出血の原因になります。ただ、多くのドライマウスの方は食後は丁寧に歯磨きをしたり、人口唾液を使ったり、こまめに水やお茶を飲むようにすることで、口を守っています。

遺伝的要因も??

歯茎の出血があるのは遺伝だ!と決めつけるのはあまりよくありませんが、遺伝性の病気を持っていたり、そのための薬を服用していると、歯茎などに症状が出る事はあります。免疫が下がりやすい病気や糖尿病、白血病などの血液の病気も歯に症状が出やすい遺伝性の病気だと考える事ができます。

口の中の状態は遺伝的な影響を受ける。

歯周病になりやすいかどうかは、口の中で菌が増えやすいかどうかにも大きくかかわっていて、口の中の状態は遺伝的な影響も受けます。ただ、どんなに遺伝的に菌が増えにくいからと言って、放置していると歯肉炎や歯周炎はすすんでしまうので、自分自身できちんとケアすることが大切なんですね。

歯茎から血が出てきた時の応急処置はこれ!

まずは、出血場所の確認

歯茎から血が出てきた時、あせって口をゆすいでどこから出血したのかわからなくなってしまう方は少なくありません。突然大量の出血があった場合は、歯茎を傷つけている可能性が高いので、すぐに歯医者さんに行く必要があります。ただ、口の中で出血した場合は、唾液に薄められて量が多くなっているので、思ったほど出血していない場合がほとんどです。歯磨きをしていて、軽く出血しているかな?と思った時には、まず鏡でどこから出血しているかを確認しておきましょう。

少しの出血ならば、歯ブラシで解決できる

血がにじむ程度なら、歯茎が菌に反応して軽く炎症が起きているような状態なので、軽く歯ブラシの毛先を当てて、歯茎の菌を出してあげることができます。血がさらに出てくるかもしれませんが心配ありません。怖がらずに出血している部分にきちんと歯ブラシを当ててください。

菌が減れば、炎症が収まり、出血が収まる

適切なブラッシングをして菌が減ると数日で歯茎の炎症もおさまり腫れや出血もおさまります。怖くて歯ブラシを当てられない、正しい歯磨きの仕方がわからないという方は、歯医者さんで正しい歯磨きの仕方について確認しておきましょう。放っておくことが一番良くないので、自宅でできるケアを大切にしてあげましょう。

歯茎の出血に関しての疑問まとめ

歯磨きしていて出血した時は無理にでも血を出した方がいいって聞いたけど本当?

血を無理やり出す、という表現は少し極端なような気もしますね。歯ブラシを押し込んで無理やり出血させるのはおすすめできませんが、正しい歯ブラシの使い方で歯磨きをしている時に出血する分には、血を出してあげて問題ありません。

血がでても、そのまま磨き続けることが大切

歯ブラシの毛先を歯と歯茎の間に軽く入れるようにして、コチョコチョと小さく動かすと血が出てくるかもしれません。血が出てきた時に歯磨きをやめるのではなく、出血がとまるまで歯磨きを続けるのがポイントです。

ポイントは優しく、軽く。ゴシゴシ強くは✖

ゴシゴシと強く磨いたり、毛先を歯茎に押し込むようにすると、歯茎を傷つけてしまう可能性があるのでおすすめできません。優しく丁寧に歯ブラシを当ててあげるようにするのは大切です。1本1本の歯を歯茎のキワまで磨くようにすると、だんだん出血しなくなり、引き締まった歯茎を手に入れることができます。

歯茎から、膿が出てくることってあるの??

歯茎から血が出て来た時にはどうしようとあせってしまいますが、白い膿が出てきてもあまり気にしない、気付かない、という方は多いのではないでしょうか?実は膿が出てきた時の方が、歯周病が進行している可能性があります。歯茎にはもともと血管が通っているので、少し歯茎が腫れてしまっただけでも出血してしまう可能性があります。

膿が出る時は、かなりの危険信号。早めの受診を

膿は菌と菌が出したものが固まっているものなので、もともと歯茎には存在しないものです。見た目には分からなくても歯茎の中でどんどんと菌が増殖して歯の周りの組織を蝕んでしまっているので、膿が出ている時には歯医者さんで出してもらい指導を受ける必要があるのです。

歯茎にある血豆と、歯茎からの出血は関係している??

皮膚に血豆ができた時は、あまり気にせず治るのを待ちましょう。しかし、中々治らない場合は、ごくまれに悪性腫瘍である可能性があるので、病院で確かめてもらう必要があります。

歯茎の血豆と、歯茎からの出血は関係ない

血豆ができる原因は、ほとんどが歯茎に何か刺激があったり傷がついたりしたことによるものです。つまり血豆ができるのと歯茎からの出血は関係がないということですね。何か食べ物の骨などがささったり、噛んだりしてないか記憶をたどってみると良いかもしれません。

歯茎からの出血を止める薬みたいなのはあるのですか?

歯茎からの出血を止める薬として承認されているものはあまりありません。多くの病院ではオススメの歯磨き粉を使って歯磨きの仕方を指導したり、抗菌薬を処方したり、うがい薬を使ったりして口の中の菌を減らす事を目標にします。

ハリゾン薬というものを使用している歯科医院もある。

いくつかの歯医者さんで扱われている薬の一つとして、ハリゾン薬というものがあります。これはもともと免疫が下がったお子さんの飲み薬として用いられていたシロップ状の薬剤ですが、歯周病菌に効果があるということがわかってきています。

歯科医院によってオススメの薬や方法がある。

歯周病菌は周りにバリアのようなものを張って抵抗するので、ほとんどの抗菌薬では効果がなかったり、効果があっても強すぎて口に洗剤を含むようなものだったりします。しかしこのハリゾン薬は歯周病菌に効果がありながら、口への刺激が少ないためだれでも気軽に歯磨き剤として使用する事ができます。他にも病院によってオススメの方法があるので、一度かかりつけの歯医者さんで聞いてみるのも良いかもしれません。

歯茎の出血に関しての疑問まとめ

  • まずは歯周病を疑うこと
  • 虫歯など他の可能性もあるので、中々出血が収まらない場合は歯医者さんへ
  • まずは、普段からのケアが大切

以上になります。歯茎から血が出るほとんどの原因が「歯周病」なのですね。歯周病は歯を失う原因1位になっています。歯科医院で歯石をクリーニングしてもらうだけで出血が止まることも多々ありますので、早めの受診をオススメ致します。

今回の記事はアナタのお役に立つものでしたか?どくらぼは、毎日アナタのお役に立つ歯科情報をお届けしています。また今度も是非遊びに来て下さい!長い文章を最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

この記事を気に入ったらいいね!しよう

どくらぼの記事を毎日お届けします!

どらくぼ編集部が独断で選んだ本当にスゴイ歯医者さん

かつ歯科医院

歯の健康に関するアナタの情報を整理致します。

友和デンタルクリニック

再治療ゼロを目指しています! どなたでも通いやすい歯科医院です。

はる歯科室

「自分の身体を大切にしたい」と思っていらっしゃる方、ぜひ当院にお越しください。

西デンタルクリニック

子供達から歯医者さんに行くのが楽しみと思われるような歯科医院に

最も見られているレポート

「舌が白い」は実は大病!?見逃してはいけない舌のSOSサイン

2014年02月25日

1位

こんな症状が出てる口の中のイボは危険!症状別、良性・悪性判断

2015年06月10日

2位

歯科医直伝!親知らず抜歯後の食事で注意すべき6つのこと。

2015年06月04日

3位

こんな歯茎の水ぶくれは危険!誰でもわかる歯茎の水ぶくれ・水疱・できもの診断

2015年04月27日

4位

舌の側面が痛い時は癌や大病のことも?見逃せない舌の緊急サイン

2014年05月08日

5位

歯医者の達人

歯医者さんが本当に薦めたい治療は、保険が効かない。

歯医者さんが本当に薦めたい
治療は、保険が効かない

日本人だけが知らない予防歯科の正しい考え方

日本人だけが知らない
予防歯科の正しい考え方

歯科技術の進化がとまらない

歯科技術の進化が
とまらない

悪い歯医者に騙されてはいけない

悪い歯医者に
騙されてはいけない

緊急QA

  • 噛むと痛い
  • 歯が浮く
  • 歯がしみる
  • 親知らずが痛い
  • 歯が欠けた
  • 歯が抜けた
  • 口内炎を治したい
  • すぐに口臭を抑えたい
  • 歯がグラグラする
  • 詰め物、差し歯がとれた
  • 歯並びを治したい
  • 歯茎から血が出る
  • 歯を綺麗にする
  • 舌が痛い
  • 顎が痛い
  • 唇の様子がおかしい