フリーワード

詳細条件

詳細条件を選ぶ

診療内容

サービス内容

歯医者 新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠、出産を繰り返すと歯が少なくなる??東京医科歯科大学の結論

2014年04月16日 12時54分
妊娠・出産を繰り返すと、カルシウムが持っていかれる??妊婦さんの歯がもろくなりやすいという噂、果たして本当?

妊娠・出産を重ねると歯が減り、虫歯になりやすくなる?

こんにちは!どくらぼ編集部です!2014年4月16日の日経新聞にこのような記事がありました。 「妊娠・出産を重ねると虫歯になりやすく、歯が減る可能性が高い」

これは、東京医科歯科大学の研究チームが1990年~2005年の調査を元に出した結論です。4回以上出産を行った方は0回や1回の出産経験者よりも歯が3本少なかったという調査結果でした。

なぜ妊娠・出産を繰り返すと歯が減り、虫歯になりやすくなる?

妊娠・出産ではカラダのホルモン、口の中の細菌のバランスが変化することで菌に対する免疫力が低下し、虫歯や歯茎などが攻撃されやすくなります。また、つわりなどから口内ケアを行うことも困難になるので歯に悪影響を及ぼしやすくなり、歯を失うリスクが高くなると言います。

妊娠中の歯科治療は放射線などの影響から胎児に悪影響を与えるという説がありますが、通常の虫歯治療ならば問題がないということです。赤ちゃんを出産し、お母さんも丈夫な歯を保ってくださいね! 記事の詳細はこちら

以下にどくらぼ記事内の妊婦さんのための歯科治療の記事をご紹介します妊婦さんは歯医者さんに言っても大丈夫??妊娠中の歯の疑問に答えます この記事は現役の歯医者さんがあらゆる妊婦さんの治療に答えてくれていますので、妊婦さん必見です。レントゲンの放射線の問題、麻酔の問題、薬の問題などを答えてくださっています。

以上になります。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

この記事を気に入ったらいいね!しよう

どくらぼの記事を毎日お届けします!

レポートのカテゴリ一覧

歯科専門ライターによる、歯に関する情報がいっぱい

最も見られているレポート

「舌が白い」は実は大病!?見逃してはいけない舌のSOSサイン

2014年02月25日

1位

こんな症状が出てる口の中のイボは危険!症状別、良性・悪性判断

2015年06月10日

2位

歯科医直伝!親知らず抜歯後の食事で注意すべき6つのこと。

2015年06月04日

3位

こんな歯茎の水ぶくれは危険!誰でもわかる歯茎の水ぶくれ・水疱・できもの診断

2015年04月27日

4位

舌の側面が痛い時は癌や大病のことも?見逃せない舌の緊急サイン

2014年05月08日

5位

歯医者の達人

歯医者さんが本当に薦めたい治療は、保険が効かない。

歯医者さんが本当に薦めたい
治療は、保険が効かない

日本人だけが知らない予防歯科の正しい考え方

日本人だけが知らない
予防歯科の正しい考え方

歯科技術の進化がとまらない

歯科技術の進化が
とまらない

悪い歯医者に騙されてはいけない

悪い歯医者に
騙されてはいけない

緊急QA

  • 噛むと痛い
  • 歯が浮く
  • 歯がしみる
  • 親知らずが痛い
  • 歯が欠けた
  • 歯が抜けた
  • 口内炎を治したい
  • すぐに口臭を抑えたい
  • 歯がグラグラする
  • 詰め物、差し歯がとれた
  • 歯並びを治したい
  • 歯茎から血が出る
  • 歯を綺麗にする
  • 舌が痛い
  • 顎が痛い
  • 唇の様子がおかしい