フリーワード

詳細条件

詳細条件を選ぶ

診療内容

サービス内容

黒岩歯科

東京都千代田区
星
黒岩歯科の口コミ件数 0
このエントリーをはてなブックマークに追加
初診専用 05073023898
再診専用 03-3239-2505

ご予約の際は「どくらぼ」を見たとお伝えください。

  • 黒岩歯科の医院詳細トップ
  • 黒岩歯科の写真ギャラリー
  • 黒岩歯科の口コミ
  • 黒岩歯科の地図
  • 黒岩歯科の料金表
1

妊娠中の方でも安心して通える黒岩歯科です。

黒岩歯科のページをご覧いただき、ありがとうございます。ここでは、妊娠中や妊活中に歯に関して気をつけるべきことをお教え致します。

□妊婦さんに気をつけていただきたいこと。
妊娠をして、母子手帳を受け取ると、その中には「歯科検診」の項目がありますね。産婦人科の領域でも、妊娠中の口腔内・歯の健康については重要視されているのがお分かりになると思います。

妊娠中に問題になりやすいものとしては、歯周病、虫歯の2点があります。

■歯周病の発症・悪化
妊娠中はホルモンバランスの変化により歯周病が悪化したり、今まで歯周病の症状が無かった方にも「妊娠性歯周炎」といって、妊娠中特有の歯周病に罹患することがあります。妊娠中には、エストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンの分泌が盛んになります。これらのホルモンは、免疫機能や血管にも変化を生じ、歯周病菌が繁殖しやすい環境を作ったり、特定の歯周病菌が活発に活動する原因と成ります。そのため、普段と同じように歯磨きをしていても、少量の磨き残し(歯垢・プラーク)でも歯周病を悪化させてしまったり、歯肉が腫れる、出血するなどの症状が出ることがあります。

■虫歯の増加・悪化
妊娠初期に「悪阻」を経験される方も多いかと思います。悪阻の症状は人それぞれですが、嘔吐を繰り返してしまうような悪阻では、口腔内が、嘔吐の際の胃酸により酸性に偏りやすくなります。口腔内の酸性度が高いと、歯の表面がとかされていってしまい、虫歯のリスクが上がります。また、常に食べ物を口に入れていないと気持ちが悪いといった症状の悪阻になられる方もいます。(食べ悪阻)この場合にも、口腔内に常に食べ物がある状態が続くので、虫歯のリスクが上がってしまいます。このような症状以外にも、歯を磨くのが気持ち悪くなってしまったり、生活リズムの乱れなどにより、非妊娠時よりも、口腔内を清潔に保つのが難しくなってしまうことが多いようです。


では、歯周病や虫歯の増加、悪化が、なぜ妊娠中に問題視されるのでしょうか。いくつか問題となる点をまとめてみました。
【院長挨拶へ続く】

黒岩歯科の黒岩秀彦先生

黒岩秀彦 先生

略歴 昭和60年 東京医科歯科大学 卒業
平成元年 黒岩歯科 開業
所属団体 AQBインプラント学会

黒岩歯科の黒岩 秀彦先生から一言

黒岩歯科で院長を努めております黒岩秀彦でございます。

歯周病や虫歯の増加、悪化が、妊娠中に問題視される理由をお伝えいたします。



問題①歯周病と早産のリスク

妊婦が歯周病に罹患していると、早産(妊娠22週~37週未満での出産)のリスクが、歯周病に罹患していない場合に比べて7倍以上になると言う研究結果が報告されています。それには、歯周病に罹患することにより、炎症性物質が歯茎の中で分泌されます。(サイトカイン・プロスタグランジンなど)この炎症性物質のうち、いくつかのものは分娩時に分泌される物質と共通であることがわかっています。歯周病に罹患している妊婦の歯茎の中では、この炎症性物質が大量に生産され、血流に乗って移動し、子宮や胎盤に到達し、感染症を起こすことが早産を引き起こす原因の一つになっているのではないかと言われています。


問題②歯周病治療が困難であること
   
妊娠中に歯周病が悪化した場合、歯周病の本格的な治療が困難な場合があります。歯周病の治療にはいくつかあるのですが、歯茎の中を触る治療になるので、どうしても出血が伴います。その際に、歯茎に傷がつき、その傷口から歯周病の菌が血流に乗って流れ、子宮の中で赤ちゃんを包んでいる膜(羊膜)に感染を起こしてしまう危険性があるといわれているため、歯周病の症状が酷い場合でも治療が困難な場合があります。


問題③生まれてくる赤ちゃんの口腔内への影響
   
お母さん自身が虫歯菌、歯周病菌の保有率が高いと、赤ちゃんにもその菌を感染させてしまうリスクが高くなります。虫歯も歯周病も、実は感染症なのです。こどもの口腔内の最近バランスは、9割以上が母親からの感染によるものだとされています。妊婦さんの口の中に、たくさんの虫歯があったり、適合の悪い銀歯などがある場合、生まれてきた赤ちゃんの口の中にも、その虫歯の菌が感染しやすくなります。また、歯周菌が活発に活動している状態のでも赤ちゃんの口の中に大量の歯周病菌が感染します。これは、幼少期には発症しないことがほとんどですが、年齢を重ねていくごとに、歯周病になりやすかったり、若くして歯周病を発症する原因となります。


問題④出産後の口腔内環境の悪化
   
出産後には、赤ちゃんのお世話で忙しくなります。出産後には、歯磨きをする時間を十分に取れなかったり、生活リズムが乱れることにより口腔内の環境が悪化することが多くなります。それに加え、小さい赤ちゃんがいるので、産後しばらくは歯科医院に通院することが困難になります。そのため、妊娠中に悪化した口腔内環境が、産後さらに悪化することが考えられます。


このように、妊娠中には歯周病や虫歯の悪化だけではなく、お腹の中の赤ちゃんにとっても、悪影響を及ぼします。早産に関しては、未熟児での出生による後遺症のリスクなどもあるため、特に注意が必要です。


□妊活中にも歯科検診を!
妊娠中の歯科治療は、ほとんどの治療が可能とは言われていますが、悪阻などにより治療が困難であったり、麻酔やレントゲン撮影に嫌悪感を感じられる方も多いかと思います。(実際は歯科麻酔、レントゲンは問題ないとされています。)
そのため、妊娠を希望されている方、妊活中の方は、ぜひ妊娠前に、歯科医院での検診を受けていただくことをお勧めします。特に、歯周病の治療は妊娠前に行うほうが、効果的でもあり、妊娠後に治療が困難になってしまうこともあるのでおすすめします。


妊娠中・妊活中の方で、しばらく歯科に行っていないな、と言う方は、ぜひ一度、歯科検診を受けてみてください。黒岩歯科でも勿論対応しております。

  • 2
  • 3
  • 4

黒岩歯科の担当者担当者の声

もともと幼い頃にご自身が歯科医院に通っていたこともあり、とても患者様の気持ちを理解している先生です。 患者様の不安を解消してあげたい、という気持ちが感じられて、患者様から信頼され長年この地で医院を続けている理由が理解できました。

黒岩歯科へのアクセス:東京都千代田区神田神保町2-24 3F

黒岩歯科へのお問い合わせ電話番号はこちら

初診専用 05073023898
再診専用 03-3239-2505

ご予約の際は「どくらぼ」を見たとお伝えください。

診療時間

月 火 水 木 金 :10:00 〜 19:30 9:00

休診日

土、日祝祭日、

黒岩歯科の診療時間・休診日

診療時間

月 火 水 木 金 :
10:00 〜 19:30

休診日

土 日 祝祭日

備考

黒岩歯科へのアクセス

ホームページ

住所

東京都千代田区神田神保町2-24 3F

アクセス方法

黒岩歯科の地図へ

黒岩歯科の口コミ

黒岩歯科にはまだ投稿された口コミがありません

黒岩歯科の診療内容

一般歯科

予防歯科

歯周病治療

口腔外科

歯列矯正

小児歯科

インプラント

審美治療

入れ歯

黒岩歯科の診療内容

痛みの少ない治療

セカンドオピニオン

カードOK

口内炎治療

顎関節症対応可

駅から徒歩3分以内

ホワイトニング

急患対応可

知覚過敏治療