フリーワード

詳細条件

詳細条件を選ぶ

診療内容

サービス内容

新宿三丁目北歯科

東京都新宿区
星
新宿三丁目北歯科の口コミ件数 0
このエントリーをはてなブックマークに追加
初診専用 05075421507
再診専用 03-3351-6685

ご予約の際は「どくらぼ」を見たとお伝えください。

  • 新宿三丁目北歯科の医院詳細トップ
  • 新宿三丁目北歯科の写真ギャラリー
  • 新宿三丁目北歯科の口コミ
  • 新宿三丁目北歯科の地図
  • 新宿三丁目北歯科の料金表
メイン

抜歯と診断されてしまった歯も、蘇らせる可能性を追求します。

新宿三丁目北歯科(新宿駅 新宿三丁目駅)のページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ここでは、「歯を失うこと」について解説致します。

虫歯で歯を失う過程と、歯周病で歯を失う過程はかなり異なります。また、どちらも予防をしようと思えば予防できるものばかりです。自分が今、どの段階にいるのかを考えながら、読み進めていただけると嬉しいです。

また、当院では歯周病で歯を失いそうな患者さんに対し、デンタルプラークバスターという高濃度低分子次亜塩素酸水(パーフェクトペリオ)を利用し治療を行なっております。歯周病の歯を1日で処置を行うことが可能です。



1.歯周病で歯を失う場合

①歯垢が歯と歯茎の間にたまる
虫歯とは違い、菌の塊である歯垢が歯と歯茎の間にたまります。その際歯石ができると、その中に歯周病菌が繁殖します。歯周病菌は酸素を好まないので、歯と歯茎の間の狭い空間は、うってつけなのです。

②歯茎に炎症が起き、歯周ポケットが深くなる
歯周病菌が繁殖するままにしていると、歯茎に炎症が起きてしまいます。腫れて膨れてしまった歯茎は、さらに歯と歯茎の間の空間を広げてしまいます。これを「歯周ポケット」と言います。

歯医者さんで検診を受ける時に、よく、歯茎を小さな器具でチクチクされることがあると思います。これは、歯周ポケットの深さを測っています。知らないうちに、歯肉が腫れてその中で菌が繁殖していると、ポケットの深さはどんどんと深くなります。

③菌が歯周組織を壊していく
深くなった歯周ポケットの中で繁殖した菌は、歯茎だけでなく、歯周組織も攻撃してしまいます。歯と歯茎をつなげる部分や、歯と土台となる歯槽骨をつなげる繊維、また歯槽骨も溶かしてゆきます。

一度攻撃されて、溶けてしまった歯周組織はもう元には戻りません。一度溶けた骨の高さは戻すことができませんので、早い段階で進行を食い止めることが大切です。

④歯を支える土台がなくなり歯が抜ける
菌が歯周組織を溶かしてしまっているのに、そのままにしていると、歯を支えるものがなくなってしまい、歯がグラグラしてしまいます。
グラグラした歯は、食べ物を噛む力に耐えられず、自然と抜けてしまうか、抜かざるを得ない状況になってしまうのです。

まとめ
・虫歯は歯自体に進行し、最終的に物を噛む機能が果たせなくなり失う
・歯周病は歯を支える組織が壊され、歯が支えられなくなる

歯周病は自分では気付きにくい、痛みも少ない恐ろしい病気です。また虫歯もたかが虫歯と思われていますが、進行すると歯を失い歯周病にもつながってしまう怖い病気なのです。早め早めの予防が必要不可欠になります。

新宿三丁目北歯科では、歯を失いそうな患者様に対して適切な対処をし、歯を守ることはもちろんのこと、将来的に歯を失いたくない方の為に徹底した予防治療も行なっております。

歯に関する全てのことで、お悩みを抱えている方、将来的に悩みを抱えたくない方はどんなことでも私にご相談ください。
いつでもお話をお伺いいたします。

新宿三丁目北歯科の楳津徳弘先生

楳津徳弘 先生

略歴 昭和60年 日本大学歯学部卒業
平成元年 日本大学大学院歯学研究科 終了
所属団体 日本補綴歯科学会

新宿三丁目北歯科の楳津 徳弘先生から一言

新宿三丁目北歯科院長の楳津(うめつ)徳弘(のりひろ)と申します。

上記では歯周病についてお伝えしたので、こちらでは虫歯で歯を失うことについてお伝えいたします。

1.虫歯で歯を失う場合

①歯垢がたまり、虫歯になる
歯垢とは、虫歯菌が固まって群れ(コロニー)を作っている物です。菌本体だけでなく、虫歯菌が出す様々な物質と共に歯の表面などに付着します。
歯垢は、歯ブラシで軽く磨く程度では、ほとんど落とすことができません。かなり徹底的に歯磨きをしている方でも、磨き残しは必ずと言って良いほど見られます。また、磨き残してしまっている部分は、毎回同じ部分である場合が多いので、その忘れられたポイントで、菌が歯を溶かしてゆきます。

歯垢を残してしまっている部分のほとんどは、鏡で見ても見えないような、自分にとっては死角となる部分です。ここで着々と虫歯が進みます。

②虫歯菌が神経に達して痛みが出る
虫歯の最初の頃は、全く痛みを感じません。「痛い!」と感じる頃には、すでに虫歯菌が神経に到達しています。虫歯が一旦神経に到達して、痛みを感じるようになってしまうと、すぐに歯医者さんに行かなければなりません。痛み止めを飲んで我慢できるような状態ではないのです。時折、それほど痛くないという方にお会いしますが、大体、虫歯の部分に食べカスなどが詰まっていて、外からの刺激が入らないようになっているだけなのです。

③歯医者さんで神経を抜く、または自然と神経が死んでいく
虫歯が神経に達してしまっている場合の治療法は、神経を抜くことです。つまり、痛ければ日常生活に支障が出てしまうので、痛くないようにするということです。

虫歯は痛くない状態の治療でも、歯が元どおりになることはないので、人工の詰め物をします。神経を抜いた場合でも、そこに消毒剤を含む人工の詰め物をし、できるだけ元の歯と同じように機能させるため、人工の歯を取り付けます。虫歯が神経に達してしまった時に治療をしなかったとしても、神経は最終的に死んでしまって、神経としての役割を果たさなくなります。治療をしなかった場合の虫歯は、どんどんと歯を食い進み、根っこだけの状態にしてしまうこともあります。

④神経を失った歯がもろくなる
神経を失った歯は、大切な血管なども一緒に失っています。それによって、歯の中に水分が通らなくなり、まるでチョークのように折れやすくなってしまいます。生きている歯にある弾性もなくなり、噛むたびに衝撃がかかり、折れやすくなってしまうのです。

⑤もろくなった歯は割れやすくなり、最終的に抜歯につながる
折れやすくなった歯は、毎日の食事の衝撃に耐えられず、根っこから悪くなったり、菌が入ってしまったり、割れてしまったりして、最終的に抜歯することになってしまいます。こうなる前にまず、虫歯を予防しておくことが、どれだけ大切なことかがよくわかります。

脆くなってしまった歯、他院で抜歯だと宣告された歯でも、残す方法は少なからず存在します。歯を失いたくない、抜歯を避ける方法をどうにか探したいという方は是非一度新宿三丁目北歯科にご相談下さい。

アナタを満足させる治療法をご一緒に考えていきましょう。

  • 2
  • 3
  • 4

新宿三丁目北歯科の担当者担当者の声

人の目を見て、真摯に話を聞いてくださる先生です。 医院は移転して間もなく、院内は清潔で開放感があります。 以前通っておられた患者様も、移転後もご来院されているらしく、 先生の真摯な姿勢が患者様と素晴らしい信頼関係を構築されているのがわかります。

新宿三丁目北歯科へのアクセス:東京都新宿区新宿3-13-5 クリハシビル8F

新宿三丁目北歯科へのお問い合わせ電話番号はこちら

初診専用 05075421507
再診専用 03-3351-6685

ご予約の際は「どくらぼ」を見たとお伝えください。

診療時間

月 火 木 金 土 :10:00 〜 20:00 9:00

休診日

新宿三丁目北歯科の診療時間・休診日

診療時間

月 火 木 金 土 :
10:00 〜 20:00

休診日

備考

新宿三丁目北歯科へのアクセス

ホームページ

住所

東京都新宿区新宿3-13-5 クリハシビル8F

アクセス方法

新宿三丁目北歯科の地図へ

新宿三丁目北歯科の口コミ

新宿三丁目北歯科にはまだ投稿された口コミがありません

新宿三丁目北歯科の診療内容

一般歯科

予防歯科

歯周病治療

口腔外科

歯列矯正

インプラント

審美治療

入れ歯

新宿三丁目北歯科の診療内容

痛みの少ない治療

セカンドオピニオン

カードOK

顎関節症対応可

駅から徒歩3分以内

完全予約制

土曜日診療

口臭外来

個室診療