フリーワード

詳細条件

詳細条件を選ぶ

診療内容

サービス内容

小根本歯科クリニック

千葉県松戸市
星
小根本歯科クリニックの口コミ件数 0
このエントリーをはてなブックマークに追加
初診専用 05073023660
再診専用 047‐363‐1771

ご予約の際は「どくらぼ」を見たとお伝えください。

  • 小根本歯科クリニックの医院詳細トップ
  • 小根本歯科クリニックの写真ギャラリー
  • 小根本歯科クリニックの口コミ
  • 小根本歯科クリニックの地図
  • 小根本歯科クリニックの料金表
1

地域に根ざして四半生記。おかげさまで多くの患者さんから選ばれる歯科医院になりました。

小根本歯科クリニックのページをご覧いただき、ありがとうございます。ここではこのところ良く質問を受ける“インプラント”についてお話致します。

・インプラントとはどのような治療法ですか
失った歯を蘇らせるインプラント治療

インプラントとは根を失った歯に人工骨を埋め込む治療法です。根を失ってしまうと通常は入れ歯やブリッジを入れなければなりません。しかし、入れ歯は天然歯より噛む力が劣り、ものが詰まりやすいなど、衛生面でも不安があります。
また、ブリッジの場合でも隣の健康な歯を削らなければならないことから、抵抗がある人も多いようです。そういったデメリットをなくし、しっかり噛める歯を作ることが出来るのがインプラント治療です。

・骨と一体化するまで待つ

インプラントはまず、歯肉を切り骨に直接穴を開け、人工骨を埋め込む必要があります。チタン等が使用されることが多いですが、骨と結合する成分が含まれていることから、手術後数ヶ月で骨と一体化します。(ハイドロキシアパタイトといいます)。骨と一体化した後は再び歯肉を開き、差し歯となるセラミックや銀歯を上にかぶせていきます。最近では、再び歯肉を開かずに一度の手術で済む治療法も進められ、患者様の負担を少なくする研究も進められています。

・定期的なメンテナンスが必要

インプラントは快適な食生活を送ることが出来る一方で、定期的なメンテナンスが必要でもあります。歯肉に直接、インプラントを埋め込んでいることから、歯周病などのトラブルが発生するリスクがあるためです。特に歯ぐきと触れ合う部分や隣の歯との隙間は、歯間ブラシで日頃から清潔に保っておく必要があります。インプラントは精密で劣化しにくい素材を使用していますが、より長く上の差し歯も含めて使用していくためには、歯科医院への通院が欠かせません。インプラント治療後のライフスタイルも想定して、治療を受けることをお勧めします。


・骨を移植するGBR法

インプラントは通常、骨に埋め込みますが、何らかの原因で骨が痩せてしまっている場合、インプラントを入れるのに十分なスペースを確保できないことがあります。そういったときに用いられる治療法が骨移植(GBR法)です。
実際の治療法は、まず歯肉を切開し自分の体の別の部位から採集した骨や、骨様物質、人工の骨の骨補填材などを入れていきます。その上に膜をして縫合し、数カ月待ちます。しばらくすると骨が作られ、インプラントが難しいとされた状態でも治療が可能になるのです。

まとめ:
インプラント治療により、一度失った歯を再現することが可能になりました。骨に埋め込むための手術が必要になりますが、普段と変わらない食生活を送ることができるようになります。インプラントを入れるためには骨にある程度の厚みが必要ですが、最新の技術により人工的に骨を作ったり移植することも可能です。こうした技術により幅広いケースでインプラント治療を行うことができ、多くの人の生活をサポートすることが期待されています。

NO IMAGE

略歴 昭和58年 日本大学松戸歯学部大学卒業
昭和60年 小根本歯科クリニック 開業
平成21年 医療法人社団良寿会 設立
所属団体 日本口腔インプラント学会
日本補綴学会

小根本歯科クリニックの野本 良夫先生から一言

小根本歯科クリニック院長の野本です。
ここでは、インプラントのメリットとデメリットを、さらに、入れ歯のメリット・デメリットをお伝え致します。

「インプラントと入れ歯、それぞれのメリット・デメリットを教えます」

・噛む力が戻る

インプラントを入れる一番のメリットは噛む力が回復するという点です。通常、歯を失うと差し歯や入れ歯を入れることになりますが、差し歯の場合で1/3に噛む力が衰えてしまうといわれています。実際の食事ではかなり気を使わなければならないレベルの問題です。インプラントは骨に直接、差し歯を固定することから噛む力が回復しますが、それでも天然歯の8割程度です。天然歯に勝るものはないということがこのような事実からも分かりますが、食事をする場面では咬む力が回復することは大きなメリットです。

・隣の歯を削らない

歯を失ったときの選択肢としてブリッジがあります。これは両隣の歯を橋渡しのように繋ぎ、差し歯を入れる治療法です。入れ歯に比べ、噛む力もあり、お手入れも簡単ですが、隣の健康な歯を削らなければならないという大きなデメリットがあります。歯を削ることで、将来的な歯の寿命を短くすることになるため、差し歯を入れる代わりにマイナスとなる面も存在します。隣の歯を削らずに直接骨に固定するインプラントではこうした問題を防ぐことが出来るという特徴があります。

・メンテナンスが大変

インプラントは骨に直接、埋め込まれていることから、通常の差し歯以上にメンテナンスに気を使う必要があります。不衛生になってしまうと歯周病菌などが繁殖し病気の原因となってしまうためです。また、インプラント治療には長い期間がかかりますが、その後もインプラントを入れている限りは歯科医院に通いメンテナンスをする必要があります。抜歯後の治療を選ぶ際にはライフスタイルと相談して、こうした時間的な制約も考えることが大切です。

・高額な費用

インプラント治療は自由診療の中でも最も高額な治療法です。インプラントは骨に埋め込むため、治療にはオペが必要になります。オペも一度きりではなく、骨と一体化したあとにもう一度歯肉を開くなど、複数回行うこともあります。こうした高度な技術が必要になることも治療費が高額になる要因の一つとなっています。歯を失っている部位が大きい場合には複数本を埋め込むため、かぶせものも種類によっては百万円を越えることも珍しくありません。

まとめ:
インプラントを入れることで、咬む力を回復させるという大きなメリットがあります。入れ歯や差し歯では食べられなかった固いものが食べられるというだけで人生の楽しみが増えるという方もいます。その一方で、メンテナンスの手間や高額な費用がデメリットとしてあげられます。チタンをはじめとした高価な素材が使用されているため、精密な構造にもかかわらず厳しい条件に耐えることが出来ます。そうした品質を一定に保つためにも歯科医院に通院し、メンテナンスが必要になってくるのです。

  • 2
  • 3
  • 4

小根本歯科クリニックの担当者担当者の声

松戸にある街の歯医者さんです。院内には多くの絵が飾られていて落ち着いて診療に臨めそうです。

小根本歯科クリニックへのアクセス:千葉県松戸市小根本51-2

小根本歯科クリニックへのお問い合わせ電話番号はこちら

初診専用 05073023660
再診専用 047‐363‐1771

ご予約の際は「どくらぼ」を見たとお伝えください。

診療時間

月 火 水 金 土 :9:30 〜 13:00 18:00

休診日

木、日祝祭日、

小根本歯科クリニックの診療時間・休診日

診療時間

月 火 水 金 土 :
9:30 〜 13:00 14:30 〜 18:00

休診日

木 日 祝祭日

備考

小根本歯科クリニックへのアクセス

ホームページ

http://www.konemoto.com

住所

千葉県松戸市小根本51-2

アクセス方法

小根本歯科クリニックの地図へ

小根本歯科クリニックの口コミ

小根本歯科クリニックにはまだ投稿された口コミがありません

小根本歯科クリニックの診療内容

一般歯科

予防歯科

歯周病治療

口腔外科

歯列矯正

小児歯科

インプラント

審美治療

入れ歯

小根本歯科クリニックの診療内容

痛みの少ない治療

口内炎治療

顎関節症対応可

レーザー治療

急患対応可

知覚過敏治療